ブログ

海の藻くずになりかけた話など・・・

夏夏夏夏ココナッツ~♪
・・・・ついつい唄ってしまったあなたは○歳以上ですね~(^_-)-☆

 

 

毎日暑い日が続いていますが、わたし、お日様サンサンサマーが大好きな夏人間~!

イェーイ(^O^)/

海も大好きで、スキューバダイビングにハマっていた時期も。

そう、ダイビングといえば・・・

 

 

かれこれもう20年近く前のことになりますが、

わたし、海の藻くずになりかけたことがあるんです。

それは和歌山の海で潜っていたときのこと。

水深32メートルまで潜っていくと、、、、そこは最高のダイビングスポット、

いろんな魚たちが優雅に行き交っていて、もう竜宮城さながら・・・・!

うわぁ~☆かわいい~☆キレイ~!

竜宮城で時を忘れて遊んでいたわたし

ふと空気ボンベの残量をみると、

ええっ!!??

計器の針は「EMPTY(空っぽ)」に!

Oh!!デ~ンジャラス\(◎o◎)/!

 

 

 

頭に浮かんだのは、ダイビングの免許を取ることを断固許そうとしなかった母の顔。

「危険すぎる」という母に

「そんなん言うてたら何にもでけへんワ!」

威勢よく大声あげたわたし。。。

 

 

 母の心配が現実に!?ううん、焦るな焦るな、

とにかくここは浮上するしかない。

急浮上は潜水病になるので、少しずつ息を吐きながら少しずつ浮上を試みました。

行けども行けども、ゴーグル越しの光景は、同じ藍色がずーっと続くのみ。

少しずつ吐いたところで、吐ける空気はすぐに尽きてしまい、もう体がぺしゃんこになってしまいそう。。。。

く。く。くるしい。。。。

それでも目の前に続く変わらぬ藍色の光景。

うううう

あぁ、もうあかんのかな。

もう無理や。くるしい。

あぁ。おかあさん、ごめんなさい。

 

 

 

・・・・・・と、目の前がいきなり真っ白になって

・・・・・・ずぼっと

海面に頭が出たのはそのとき。

 

 

海の上はいろんな音、そして光であふれていました。

あ~

助かったんや~

レスキューの人に海上を引っぱっていかれながら、

顔に感じたあの時の風は忘れられません。

 

 

生きててよかった!

ありがとうございます

 

 

 

« »

参加者募集中:

 
トップに戻る