ブログ

発掘された古い日記に登場するわたしは○○○○な女の子!

秋が・・・深まってきましたね。

皆さま・・・時の流れがまたまた加速度増していってると思いません?

今日はラジオの日だったのですが「えつ!もう木曜日!?」って感じで、一週間の短さにあたふたしております今日この頃。

 

ところでね、先日ブログでも「本の整理してますねん」等お話したところなのですが、古い本に混じって、なんと古い古~い日記が出てきた!

講座でもお話しているのでご存知の方も多いと思いますが、わたしはメモ魔、日記魔!

とにかくメモる人です。

記録に残して、文字に残して味わう人。

それも子どものときから。

日記については、手元にきっちり保存されている一番古いのは小学校5年のものだったので、その頃からつけ始めたのだと自分でも思っていましたが、このたび出現した日記により、それは違うことがわかりました。

 

なんと、この古い日記帳は、小学校3年の1月26日から始まっております。

 

「1月26日(月)くもり

夜、おかあさんがキャンキャン鳴く犬をひろってきました。

なぜかというと、キャンキャン鳴いてねられないからです。

あきかんにごはんと牛にゅうを入れてあげました。

ちゃ色の毛で緑の首わをしています。

あきた犬のような犬で太い足をしています。

犬はめすだから子犬をうむから、すてられたようです。

寒いから物おきの下でねています。」

 

ん?首輪をしてるなら飼い犬ちゃうのん?・・・って、ツッコミどころ満載ですがね。

これが第1ページ目。

二日か三日おきぐらいに感じたことが書かれていて、われながらおもしろい。かわいい。

 

「2月1日(日)くもり

今日は2月一番初めの日です。

ドリルもやったし、そうじもしたし、自由勉強もしたし、こうして今日記をかいてるし、日曜日はごきげんです。

みはらしのよい山をみて、すきなことをするなんてこんなにいいとは思いませんでした。

朝食なんかわたしのすきなぞうすいだし、今日はなんてついてるんでしょう。

もし毎日毎日がこんなだったらステキだな。」

 

わたしの部屋の窓から、向こうのほうに山が見えてたんです。

わたしったら、このときから”ごきげんなツイテル女の子”やったんかぁ~

 

「3月4日(水)大雪

朝起きてまどの外を見ると大雪でした。

わたしは「今日はさむいな」とおもいました。

学校へいくとき、「キャン」と鳴く犬が鳴きません。

のぞくとガタガタふるえていました。

お母さんが、前に「さむいときははしりなさい」とおっしゃったことを思い出してはしりました。

はしってまなべさんの家までつくと、ほっとしました。」

 

まなべさん、今どこで何をしてるんでしょうかね?

この日記では、母や先生など目上の人の発言はすべて「おっしゃる」という言葉で書いてあります。

う~ん

いまじゃ、あんまり日常会話では使ってない言葉だワ。

あらためて美しい言葉だな、と思いました。

 

そして読み返すに、うちは特にお金持ちでもなんでもなかったけど、愛情いっぱい、わたしはほんとうに大切に育てられたのだな・・・と感謝です。

日記帳表紙の万年筆で書かれたわたしの名前は父の筆跡。

もう、この一冊は宝物やなぁ~

 

ありがとうございます。

« »

参加者募集中:

 
トップに戻る