ブログ

思い出の詰まった実家を閉めるとき・・・

毎週木曜日に生放送させていただいている【中川千都子のありがとうのじかん】

番組には【お手紙やぎさんありがとう便り】と言うコーナーがあり、ここではリスナーの皆さまからいただいた「誰かに伝えたいありがとうの気持ちのお手紙」をご紹介させていただいています。

毎回さまざまな「ありがとう」のお便りが届けられ、私たちも番組中に胸がいっぱいになって涙することもたびたび。

 

 

今日は、先週番組でご紹介させていただいた、滋賀県彦根市にお住いの高校の先生をされている吉田武史さんのお便りをここでご紹介いたしましょう。

 

 

 

***********************************

 

 

私は大阪の阿倍野という町で生まれ育ちました。IMG_3941

まんが「じゃりんこチエ」の舞台になるような、気取りのない、人情あふれる下町です。

両親はそこで理容所を長年営んできました。半世紀以上になります。

数年前父が亡くなりました。

その後は店舗兼実家には85になる母が一人で住んでいましたが、その母も千葉の兄の所に行ってしまったので、いよいよ今日、その実家を全て片付けました。

私の生まれ育った家です。

小さくてボロくて、でも父と母が必死に腕一本で私と兄を育ててくれた家です。

それも今日でお別れです。

 

ここは私の原点、故郷です。

大阪の阿倍野の人間であることをこれからも誇りにして頑張っていくと、最後にこの家に誓いました。

平成二十九年五月十六日、吉田理容所、閉店です。

 

 

 

IMG_3943移転にあたり、母が店に貼り出した挨拶文

 

「 去る424日に長男の居住する千葉県浦安市に移住いたしました。

以前から出ていた話ではあったのですが、移住そのものは急きょ決定いたしましたもので、皆様には十分なご挨拶もできず、申し訳ない気持ちでいっぱいでございます。

思えばこの地で60年近くの長きに渡り、主人と共に理容業を営ませていただきました。

時代とともにこの街も様変わりしましたが、一つだけ変わらないものがありました。

それは皆様のあたたかさです。

そのような中で生活してこれた主人、私、そして二人の息子たちは本当に幸せ者でした。

家族、皆、この大阪、阿倍野の王子町が大好きです。

ここで生きてこれたことを誇りに思っております。

遠く離れた地からではありますが、これからも皆様のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げております。私の心は、魂は、いつまでもこの地と共にあります。

またいつか皆様とお会いしたいと思っております。それまで皆様、どうかお元気で、

 

長い間、本当にありがとうございました。」

 

滋賀県彦根市 吉田様からのおたより

 

*********************************

 

吉田さん、すてきな心温まるお便りをありがとうございます

失うとき、そのありがたさを一番大きく感じるのかも知れないな、と思います。

今日も素晴らしいかけがえのない一日をありがとうございます

 

« »

参加者募集中:

 
トップに戻る