ブログ

元号が変わるときには・・・・?

いま本当に大変化を迎えようとしてるんだなぁ~・・・としみじみと感じています。

 

 

皆さんはいかがですか?

 

 

たとえば

体調であったり、人間関係の変化であったり、いままでない出来事(アクシデントやトラブルも含めて)がやってきたり。

就職、転職、ひっこし、恋人との別れや、これまで応援者だった人の関係の変化なども自分の意志とは別に“余儀なく”そうなっていく、、、、ということもあるかもしれません、

 

 

 

つい一週間前に平成29年から平成30年を迎えました。

そして来年4月30日には、国民統合の「象徴」としてのお務めに尽くされてこられた天皇陛下が譲位されることが決まっており、平成の御世(みよ)が終わりますね。

「平成」という、一つの時代の終焉です。

 

 

 yjimage

ところで

古神道では、元号が変わるときに自分の意図とは関係なく大きな変化が訪れると考えられているそうです。

以下、PHP1月号に下記のような記事が載っていましたので紹介します。

 

 

(元号が変わるときに訪れる自分の意図とは関係ない大きな変化についての)采配をふるのが、石川県にある白山比咩(しらやまひめ)神社のご祭神・菊理媛尊(くくりひめのみこと)です。

菊理媛尊は、魂が響きあうもの同士を自動的に選り分けて、ひとくくりにまとめる神さまです。

誰と親密になって、誰と疎遠になるのかという、人間関係のグループ分けに大きな影響を及ぼします。

 

ひとたび「くくりの作用」が働くと、いつも一緒に遊んでいた人と突然連絡がとれなくなったり、引越しや転職で友人と離れ離れになったり、反対に今までまったく付き合いがなかった人と親密になったりと、人間関係がガラッと様変わりします。

 

すでに菊理媛尊は采配を振り始めているので、私もずっと支えてくれた人と急に連絡がとれなくなったり、反対に知りたいと思っていた情報に詳しい人と急接近したりと、くくりの作用をひしひしと感じています。

神さまのなさることですから、誰とくくられても文句は言えません。

しかし、願わくば一緒にいるだけで心地いい人とくくられたいですよね。そのためには、心を整えて身を清めておく必要があります。」

(2018年1月号「整えれば幸せになる!」中井燿香さんの記事より抜粋)

 

 

えええーッ

 

 

実は私自身もここのところ急なさまざまな変化、特に交流関係においての変化を感じていたのですが、なんと、それらもすべて、くくりの神さま・菊理媛神のお働きによるものですと!!!!

 

 

となれば。

 

自分を取り巻くあらゆる変化も、じたばたせずただただ感謝して受け入れるだけですね。

 

不平は言わない。

不満も言わない。

不足も言わない。

ただ感謝。

これでいきましょう!

けっしてマイナスは口にしませぬ!!!

 

 

神さま、今日も輝きに輝く恵みの一日でした。

新たなる無限の無限の全徳の輝きを無限に無限にありがとうございます

« »

参加者募集中:

 
トップに戻る