ブログ

【ありがとうのじかん】ファンキーモンキー恋する川柳1/25お題「銀」入選句

 

<1月25日放送分>

お題「銀」bg_train

*入選句

から元気シルバーシート手招きし 

(神奈川県/ひとし)

まだ若いから・・・と我慢我慢。でも空いてるシルバーシートが呼んでいる??

 

シルバーと呼ばれる前に去った友

 

(大阪府/凡)

凡さんは友人を亡くされたとのこと。そんなときに詠んだ心のつぶやきは大切にしたいものです。悲しみも悔しさも淋しさも詩となって心を癒してくれるのが川柳。

 

 

仁丹の銀色を噛み忘れよう

(大阪府/やすひろ)

やすひろさんに言われて気づく、日常にある「銀色」のもの。なるほど~!あの小さな銀色の小粒、噛めば独特の味と匂い。あの刺激で少々のことは忘れられそうですね。

 

まんまるな銀の笑顔をあげましょう

(兵庫県/邦子)

お月様の気分になった邦子さんかな。確かに、金の笑顔じゃなくて、銀の笑顔のほうが穏やかでほっとします。

 

 

銀の道歩いて天に至る冬

(滋賀県/弘子)

銀の道とは、冬の凍てついた道でしょうか。この道を歩いていけばあたかも天に届きそうな。美しい句です。

 

 

☆特 選

 

シルバーシートが狸の指定席

(大阪府/日出夫)

笑っちゃいました。愉快な句です。

シルバーシートに座ったものの、なんだか居心地悪いものだから、ついタヌキ寝入りを。狸と言い切ったところにおもしろさがあります。

このように川柳は思い切って説明を省いてしまっても、おもしろい世界をかもしだすのです。

 

 

« »

参加者募集中:

 
トップに戻る