ブログ

【ありがとうのじかん】ファンキーモンキー恋する川柳「ボタン」3/15放送分

<3月15日放送分>

お題「ボタン」

ボタン2

 

*入選句

炊飯器押し忘れたのコンビニへ

(奈良県/たま)

このままだと、状況はよく分かりますが、少々日記的かな??。

日常の何気ない風景も「詩」として捉えるくせづけをしていきましょう。

「こうだから」「こうなった」、とするだけでは単なる日記になりますので、たとえば。。。

 

炊飯のボタン忘れて街の渦

(炊飯のボタン=「妻や母としての日常」を忘れて、混沌とした(楽しげ、妖しげな)街に繰り出した・・・・とした句です。川柳はうんとデフォルメさせて、自分初で自分の事実から離れていってもOKなのです)

 

 

階数のボタンも押さず話し込む

(大阪府/悠)

あるあるの場面。これも出来事だけのようですが、ありありと様子が映像となって出てきますよね。「あの話しやけど」「ふんふん」「こうでああなって」「まぁ!」「そんで」「ふんふん」・・・だなんて、エレベータは止まったきり。の場面ですね。

 

 

非常ベル押しているのは青い星

(大阪府/やすひろ)

非常ベルが鳴るたび、ギョッとしますね。で、「誰が押した?」「どこで押した?」だなんて騒ぐけど・・・押しているのは果たして人間なのか?その現場を見ていないだけに・・・ね。

 

爪染めて春を始めるボタン押す

(滋賀県/弘子)

女性らしい句です。淡紅色に染めたネイルの色まで見えてくるような春の句。

一読ふんわり幸せな気持ちになりました。

 

 

逆転でイイねのボタンタッチする

(大阪府/日出夫)

 

 

手に汗握る死闘の末の逆転!これはイイねどころの騒ぎじゃないけれど。

現代はその感動を伝えるのも、ワンタッチのボタンなんですね~。

時代の流れです。

 

 

☆特 選

言い訳がつづく ボタンが多すぎる

(兵庫県/邦子)

長ったらしい言い訳をふんふんと聞いてはいるけれど。

なんだかな~、と納得できないような、この煩わしさ、すっきりしない気持ち。それを「ボタンが多すぎる」で表現してしまうとは見事です。

ありがとうございます

« »

参加者募集中:

 
トップに戻る